クロネコ速報

【クロネコ速報】【芸能関係2chまとめサイト】
今日の出来事、最新の芸能情報、スポーツ情報を中心に展開しているブログです!!
毎日更新しているので、気軽に見て行って下さい♬

    取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。 記事やツイートの削除依頼などありましたらお知らせください。

    マルチ


    高畑 淳子(たかはた あつこ、1954年10月11日 - )は、日本の女優、声優、タレント。劇団青年座所属の女優であり、取締役でもある。 香川県善通寺市出身。大手建設会社に勤務した父親は転勤が多く、四国中を13回転居した。高松市立桜町中学校、香川県立高松高等学校卒業。「私にしかできないこととは何だ
    33キロバイト (3,640 語) - 2019年7月26日 (金) 06:12



    (出典 hochi.news)


    ん?感動で倒れたのか?
    申し訳なくて倒れたのか?

    【【悲報】高畑淳子 息子の復帰舞台観劇直後に倒れ込む??】の続きを読む


    久本 雅美(ひさもと まさみ、1958年7月9日 - )は、日本の女優、お笑いタレント、コメディエンヌ、司会者。本名同じ。愛称はマチャミ、ヒサモト。 大阪府大阪市東住吉区(現:平野区)加美出身。WAHAHA本舗所属。3人兄弟の長女で、1歳下の弟(既婚)、6歳下の妹(久本朋子)がいる。両親は徳島県海部郡由岐町(現:美波町)伊座利出身。
    28キロバイト (3,602 語) - 2019年7月15日 (月) 07:47



    (出典 www.kyotoliving.co.jp)


    かわいすぎる!
    過剰すぎるけどいいと思う

    【【注目】久本雅美 滝川クリステルの本名“雅美”で勝手に結婚したとときめく姿がこれ!】の続きを読む


    飯豊 まりえ(いいとよ まりえ、1998年1月5日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、グラビアモデル。旧芸名および本名、飯豊 万理江(読み同じ)。 千葉県千葉市出身。エイベックス・マネジメント所属。 2008年7月、alanの「懐かしい未来〜longing future〜」のバック・コーラス、及びPV出演し、デビュー。
    50キロバイト (6,387 語) - 2019年7月17日 (水) 08:12



    (出典 konoayamagazine.com)


    どうしようもないことでは?

    プラスに考えれば、そういうのを好む人もいるっていうこと

    【【注目】飯豊まりえ 顔が薄いことを永遠に根に持つタイプってゆうのを始めて知りました】の続きを読む


    桜井 日奈子(さくらい ひなこ、1997年4月2日 - )は、日本の女優、モデル、タレント。 岡山県岡山市出身。インセント所属。 2014年7月に岡山美少女図鑑の発行元であるCroComが開催した、「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に選出されてインセントに所属する。
    22キロバイト (2,621 語) - 2019年7月29日 (月) 11:03



    (出典 2xmlabs.com)


    最近本当に見ていないよね

    演技自体は好きだったからまたでできてほしい感はあるけど

    【【テレビからいなくなる?】桜井日奈子の存在が最近怪しくなってきていないか??】の続きを読む


    西田 尚美(にしだ なおみ、1970年2月16日 - )は、日本の女優。広島県福山市出身。所属事務所は、2007年から鈍牛倶楽部。血液型はB型。福山市立福山高等学校、文化服装学院卒業。 モデルとして女性ファッション誌『Junie』、『PeeWee』、『an・an』などに登場し、『non-no』では同誌の好感度ランキング上位となった。
    26キロバイト (3,174 語) - 2019年7月16日 (火) 02:39



    (出典 pbs.twimg.com)


    年齢年を取ってくるほどサバを読みたがる人間ww
    仕方ないが大きな問題にならないことを祈る

    1 幻の右 ★ :2019/07/25(木) 04:20:33.00 ID:4moXHXUe9.net

    日本で一番危険な映画監督・白石和彌(44)と国民的俳優・香取慎吾(42)が初タッグを組んだ、映画『凪待ち』(6月28日公開)。ギャンブル依存症の郁男(香取)を支えながらも悲劇に見舞われる内縁の妻・亜弓を、売れっ子バイプレーヤー女優の筆頭である西田尚美(47)が好演する》(6月26日配信)

    《タレント・香取慎吾(42)が28日、都内で、主演映画「凪待ち」の初日あいさつを、西田尚美(49)、リリー・フランキー(55)、白石和彌監督(44)らと行った》(6月29日配信)

     これらはどちらも現在公開中の映画『凪待ち』について伝えるスポーツ紙『デイリースポーツ』の文面である。注目してほしいのは、文中にも“名バイプレーヤー女優”と表現されている西田尚美の年齢だ。わずか3日で2つも年をとった……わけはない。

    「西田さんはモデルとしてデビュー後、'93年に出演したTBS系のドラマ『オレたちのオーレ!』をきっかけに女優に転身しました。デビュー当時の生まれ年は'72年となっていましたが、'07年に事務所を移籍。その後は公式ホームページなどでは生まれ年は公表されなくなりました。しかし、NHKのサイトや一部新聞でのインタビューなどでは生まれ年が記されているものもあり、そちらは'70年生まれとなっています」(スポーツ紙記者)

    デビュー時にサバを読んだか
     芸能人のプロフィールが記載されている『タレント名鑑』を確認すると、'07年度版では'72年生まれと記されているが、'08年度版からは生年月日は記されていなかった。

    「西田さんは、'05年に靴デザイナーの男性と結婚。その後、'07年に妊娠を発表し、'08年4月に女児を出産しました。年齢の表記がなくなったのはこのころですね」(同・スポーツ紙記者)

     生まれ年についての情報が混在しているため、年齢表記がバラバラになってしまっているのが現状のよう。デビュー時は2歳サバを読んで、事務所移籍時に正しい生年月日に戻したのか。現在の所属事務所に、この件について話を聞くと、

    「一部のネットなどに《'72年生まれ》となっているものがあり、そちらは見つけ次第対応しています。事務所としては年齢をごまかしたり、非公表にしているわけではなく、《'70年生まれ》というのが正しいものです。年齢がどうのという女優でもありませんので」

     47歳だとしても49歳だとしても、驚くべきは、どちらの年齢であっても、それに見合わない美貌と役にマッチした演技力。'19年上半期の出演作は、映画やドラマを含めて10本以上と引っ張りだこの西田。

     今後も年齢に縛られない活躍を期待しています!

    週刊女性 7/25(木) 4:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190725-00015690-jprime-ent


    【【悲報】西田尚美 年齢サバ読みし事務所も困惑中wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ