きっかけは2009年頃、当時群馬県在住のあやまん監督が東京でのイベントコンパニオンの仕事帰りに先輩たちと夜通し飲み会をしていた際に、先輩たちの下ネタを交えた過激な盛り上がりに影響され、自ら友人を誘って六本木で夜な夜な飲み会を渡り歩くようになったこと。あやまん
20キロバイト (1,913 語) - 2019年10月7日 (月) 08:33



(出典 nikkan-spa.jp)


30台になると本当に歳だなーって感じるやつね

【【悲報】あやまん監督に悲劇が・・30代半ばの地獄ってやつを・・・】の続きを読む